日本通信b-mobileの評判月額540円から5段階定額



日本通信のb-mobileが提供する格安SIMケードです。なんとぎMVMO業界初の5段階定額やLTE高速データ通信が使い放題プランが使いたい方大プランもご用意しています。回線はNTTドコモなので安心ですね。

b-mobileの格安SIMカードの料金比較表

b-mobileはいくつかプランあります。今回はわかりやすく2種類のプランをご紹介します。

  • データ専用SIMケードの5段階定額:SMSオプションや音声通話プランなし
  • 音声通話通話機能付きSIMケードプラン:データ専用or音声付きプラン

b-mobileおかわりSIM 5段階定額の料金比較表

5段階定額で1GBのLTE容量からの料金となります。使えば増えますし、使わない月は減りますので、わざわざ変更したり、通信料金を気にする必要はありません。

プラン名LTE容量データ通信専用LTE通信速度
b-mobile おかわりSIM 5段階定額1GB500円下り最大150Mbps / 上り最大50Mbps
2GB750円
3GB1,000円
4GB1,250円
5GB1,500円

b-mobile SIM 高速定額の料金比較表

3GBのライトプランかLTE無制限の高速定額プランをデータ通信専用か音声機能付きデータ通信か選ぶことが出来ます。

b-mobile SIM 高速定額LTE容量データ通信専用データ通信SMS機能付き音声機能付きデータ通信LTE通信速度
ライトプラン3GBまで1,180円-1,980円下り最大150Mbps / 上り最大50Mbps
高速定額無制限1,980円-2,780円
音声通話格安SIMケードに付けられるオプション電話サービスです。

音声通話オプション料金
通話料金20円/30秒
留守番電話300円
キャッチホン200円
迷惑電話ストップサービス0円
転送電話0円
SMS送信料3円~30円※国内


SIMカードの種類は3種類
  • 標準SIMカード
  • microSIMカード
  • nanoSIMカード

b-mobileの格安SIMカードのメリット・デメリット

日本通信のb-mobileのメリットデメリットを提供しているサービスから紹介したいと思います。amazonやビックカメラ、ヨドバシカメラにイオンなど様々で購入できるますので、その場で定員さんに確認して購入するという方法もできて安心ですね。

b-mobileの格安SIMカードのメリットは5段階定額のおかわりプラン

なんといっても、他社にはない5段階定額です。MVMO他社の格安SIMケードは料金は安いけれど、決めた容量が足りなくなったら、かなりの金額を払って追加のLTE容量を購入しなければいけません。

購入しなくても低速で使えますが、それだとストレスが貯まりますよね。でもb-mobileのおかわりSIM5段階定額なら、1GBから+250円で1GBずつLTE容量が増えていきます。5GB使っても1500円です。

これは高速データ通信専用ですが、他社の格安SIMケードを1GBで契約して、容量足りなくなって追加するよりも安く利用することが出来ますし。使う月と使わない月でわざわざ容量を変更しなくても、とにかく毎月使う分だけの価格で安い料金で利用することが出来ます。

b-mobileの格安SIMカードのデメリット

これはまあどこの会社でも同じですね。箇条書きでデメリットを上げていきたいと思います。
  • ドコモなどのキャリアのメールアドレスは使えません
  • 毎月の支払にはクレジットカードが必要です
  • 未成年は契約できません。

日本通信b-mobileの口コミ体験談まとめ

自分にあった格安スマホ会社を探すなら
1分で格安SIMカードの選び方!初心者おすすめ

新しい記事 以前の記事