SMSオプションをつけて通話料金を安くする方法

SMSオプションをつけて通話料金を安くする方法

なんで通話料金を安くするためにSMSオプションが必要なの?と思う人にその理由をご紹介します。それはSMSショートメールサービスがないとLINE(ライン)などの通話料金が安くなるアプリが使えないからです。

SMS認証で通話料金が安くなる通話アプリを使おう

格安SIMカードを使うことは毎月の通信料金を安くするために使いますよね。通信料金で1番高いのが通話料金です。そこで通話料金を安くするために無料通話ができる通話アプリを使うことです。

代表的なのはLINE通話があります 。

しかし、LINEを登録するのに必要なのがSMSサービスなのです。通話無料アプリや通話料金が安くなるためのアンドロイドやiPhoneアプリの登録時に本人確認の多面SMSが必要になるのです。

ほとんどのSMS認証の流れは次の通り
  1. アプリをダウンロード
  2. 登録ボタンを押す
  3. アプリのSMS認証で電話番号を入力
  4. スマホにパスワードがSMSで届く
  5. パスワードをアプリに入力してSMS認証完了
ここで疑問になるのが、電話番号がないのにSMSって使えるの?って思うかもしれません。音声通話付きの格安SIMケードじゃない場合。

通話は出来ないけれど、SMSのショートメッセージの番号を割り振ってもらうのがSMSオプションだと思ってください。

これでLINEが登録できます。しかし、ラインは相手もLINEアプリをインストールしていないと無料通話が出来ません。そこで、LINEを使っていない人に電話をする際に格安で電話ができる方法をご紹介。

通話料金が安くなる通話アプリ

通話が安くなるアプリの種類で代表的なのは3つあります。
  • LINE電話:固定電話も携帯電話も6円で通話
  • Viber(バイバー):楽天が提供するサービスで国内固定電話無料キャンペーン中
  • brastel(ブラステル)050Free:国際電話も1分4円というやすさ
わかりやすく料金表にまとめてみましょう。金額はわかりやすく1分換算にしてあります。
固定電話通話料金携帯電話通話料金アプリ同士通話料金
LINE電話3円14円無料
Viper無料※1掲載なし無料
brastel2.67円11円無料

  • 固定電話は楽天グループのviper(バイパー)で無料
  • スマホや携帯へはbrastel(ブラステル)で11円
このような使い分けがいいですね。ちょっとでも安く使いたいならこの辺りのアプリも抑えておきたいところです。

SMSセルフスタンバイ問題スマホの充電長持ちさせる方法

新しい記事 以前の記事