3GB格安SIM価格比較ランキングはDMMモバイルとUQモバイル

格安SIM3GB価格比較ランキング

格安SIMを提供するMVMO会社のLTE3GBの金額比較ランキングです。全部で11社でLTE高速データ通信専用とSMS機能付きと音声機能付きのそれぞれの金額ランキングをご紹介します。

格安スマホ1ヶ月のデータ通信量は約70%が3GB未満

3GB格安SIM価格比較ランキング

実際にシムフリー対応の格安スマホに使える格安SIMの金額を一覧にしてみました。こうやって見るとほとんど金額に差がないので、どれを選んでも大手携帯キャリアのドコモauソフトバンクからの切り替えなから確実に安くなります。

まずは3GB格安SIMカード料金比較表一覧を御覧ください。

表の会社名をクリックするとシムライフの各社の評判や口コミページを見ることが出来ます。

データ通信専用データ通信専用データ通信SMS機能付き音声機能付きデータ通信回線種類
DMMmobile850円1,000円1,550円NTTドコモ
U-mobile--1,580円
ヤマダ電機SIM--1,580円
楽天モバイル900円1,020円1,600円
NifMo(ニフモ)900円1,050円1,600円
ビックカメラのBICSIM900円1,040円1,600円
IIJmioみおふぉん900円1,040円1,600円
UQmobile-980円1,680円au
BIGLOBE(ビッグローブ)900円1,020円1,800円NTTドコモ
OCNモバイルONE1,100円1,220円1,800円
Ymobile(ワイモバイル)--3,980円ソフトバンク

LTEデータ通信専用はDMMモバイル

最安値から最高値の差は250円なので好みで選べますね。データ通信専用はNTTドコモの回線を利用している会社だけです。そんなわけでご紹介します。

1位:DMMモバイル:850円

DMMモバイルは業界最安値を目指しているのでデータ通信専用でSMS無しなら最安値ですね。しかし、データ通信専用はSMSを使うLINE(ライン)アプリなどの登録ができないので、電話番号がいらなくて、ラインで通話したい人は結局SMSオプションなどを申し込む必要があります。
しかし、DMMモバイルのいいところはLTEの容量の選択が一番多く、すぐに変更できるのでかなりおすすめ。

SMS付きLTEデータ通信はUQモバイル

DMMが業界最安値を目指していますが、電話番号が要らない。ライン通話ができればいい学生などはau回線を使ったUQモバイルが一番安いんですよね。最安値と最高値の差が250円です。

1位:UQモバイル:980円

UQモバイルはテザリングも無料なのでWi-Fiルーターの格安SIMカードとしても浸かるのでかなりお得です。DMMモバイルとは20円差ですね。
au回線が嫌な人はDMMモバイルがオススメです。

音声通話機能付き格安SIMはDMMモバイル

やっぱり業界最安値を目指しているDMMモバイル3GB!音声電話機能付き格安SIMランキング1位ですね。

1位:DMMモバイル:1,550円

音声通話機能付きややっぱりDMMモバイルが1番やすかった!!Yモバイルもあるけれど、これはどこにかけても無料通話プランが入っているので、なかなか比較できないですね。というわけで、Yモバイルを除いた最安値と最高値の差は250円でした。

実はいちばんおすすめ月額0円になるNifMo(ニフモ)

NifMo(ニフモ)は実は使い方によっては最安値の0円になるんですよね。無料のアプリをダウンロードしたり、NifMo(ニフモ)のアプリ経由でお買い物すれば月額料金が割引になって、簡単に月額使用料金が0円になります。

なにもしなければDMMが一番安いですが、ゲームアプリをダウンロードしたり、ネット通販を使う人はあっさりDMMとの差額50円をひっくり返すNifMo(ニフモ)が1番おすすめです。ポイントサイトとかが好きな人は絶対におすすめです。

LTEデータ通信容量別格安SIM価格ランキング

どれを選んでいいかわからない人はこちらの記事をご覧ください

新しい記事 以前の記事