OCNモバイルONEの評判と口コミ業界シェア1位

OCNモバイルONEの格安シムカードは業界シェアナンバーワンで評判のNTTコミュニケーションズ株式会社が運営するOCNのサービスです。NTTドコモの回線を利用しているため全国各地をカバーしている高速LTE通信対応です。

OCNモバイルONEの格安SIMカードの料金比較表

OCNモバイルONEは大きく分けると3つのプランと5つのLTE通信容量に分かれます。わかりやすく下に一覧料金表で表記しますね。

他のMVMO会社と違い1日あたりのLTE回線の容量で選べるプランが特色です。でもちょっとわかりにくいので1ヶ月で換算すると最大どれぐらいのLTE容量か紹介します。
  • 110MB☓30日=約3.2GB:3GBよりも容量が多くてちょっと安い
  • 170MB☓30日=約4.98GB:5GBとほぼ同じ容量でちょっと安い
3GBより110MB/日がお得

5GBを契約するか170MB/日で悩むなら5GBを

LTE容量データ通信専用データ通信SMS機能付き音声機能付きデータ通信LTE通信速度
110MB/日900円1,020円1,600円下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
170MB/日1,380円1,500円2,080円
1GB---
2GB---
3GB1,100円1,220円1,800円
4GB---
5GB1,450円1,570円2,150円
6GB---
7GB---
8GB---
9GB---
10GB---
15GB1,800円1,920円2,500円下り最大500Kbps

携帯電話のナンバーポータビリティもauドコモソフトバンクからできますMNPってやつですね

SIMカードの種類は3サイズ
  • 標準SIMカード
  • microSIMカード
  • nanoSIMカード

OCNモバイルONEの格安SIMカードのメリット・デメリット

みんなが気になるOCNモバイルONEのメリットデメリットを紹介したいと思います。

OCNモバイルONEの格安SIMカードのメリット

大きく分けて4つのメリットがあります。他社のMVMOと比べて通話料が安かったり、複数のシムカードの契約ができたりします。
  • どの契約でも複数SIMカードを持つことが出来る
  • ターボ高速通信のLTEのオンオフを切り替えて通信容量を節約できる
  • IP電話アプリ050plusを使うと3分8円で通話ができる
  • クレジットカードがいらないデータ通信専用のプリペイドパックがある
  • OCNのフレッツ光などの利用で200円引き

どの契約でも複数SIMカードを持つことが出来る

OCNモバイルONEは他社のMVMOの会社と違い、LTE専用SIMの低価格から全て最大5枚までSIMを契約して1契約でシェアすることが出来ます。

家族でデータをシェアするのはもちろんのこと、1人でスマホ、ガラケー、アイパッドなどのタブレット端末などを1契約で使い倒す事ができます。

ターボ機能で高速通信のLTEのオンオフを切り替えて通信容量を節約できる


LTEの高速通信と220kbpsの低速通信を簡単に切り替えることができるので、通信容量が節約できます。例えば次のような使い方ができます。

twitterやSNSやブログを読んだりメールを見たりするときは低速にしておけば、高速通信分を節約できます。そしてyoutubeやニコニコ動画などを見るときにLTEの高速通信を使えばスムーズに閲覧できます。

さらに複数SIMカードを利用している場合は、スマホは常にLTEをオンにして快適にしたり、タブレットなどはWi-Fi環境で使うことが多いと思うのでオフにしておくなど、シムごとにオン/オフを選択することが出来ます。

もちろん、いつでもどこでも何度でもオン・オフできます。

IP電話アプリ050plusを使うと3分8円で通話ができる


固定電話もガラケーもスマホにもどこにかけても通話料が50%以上割引になるIP電話アプリ050plusを入れてアプリから電話をかけるだけです。これならだれでも使いこなせますよね。

格安SIMカードの通話料金は大体どの会社でも40円/1分ですが、このIP電話アプリ050plusを使うと16円/1分になります。

クレジットカードがいらないデータ通信専用のプリペイドパックがある

上記のOCNモバイルONEの格安シムカード料金比較表のSIMとは違いますが、なんとプリペイドタイプの使いきりSIMカードがあるんですよね。OCNモバイルONEには!これはビックリだと思います。

契約にはクレジットカードも必要なくて使えるし、コンビニや家電量販店で購入して最短1日で利用可能です。

OCNのフレッツ光などの利用で200円引き

あ家のインターネットでOCNのフレッツ光などを利用していると、OCNモバイルONE1契約ごと200円引きになります。対象となるサービスは以下のとおり
  • OCN 光
  • OCN 光 with フレッツ
  • OCN 光 おまかせプラン with フレッツ
  • OCN 光 「フレッツ」(OCN 光 「フレッツ」 WiFiアクセスを除きます。)
  • OCN 光 おまかせプラン 「フレッツ」
  • OCN 光 あんしんプラン 「フレッツ」
このいずれかに契約していれば最安の900円でも200円引きになるので700円という激安スマホになります。

OCNモバイルONEの格安SIMカードのデメリット

これはまあどこの会社でも同じですね。箇条書きでデメリットを上げていきたいと思います。
  • ドコモなどのキャリアのメールアドレスは使えません
  • 毎月の支払にはクレジットカードが必要です
  • 20歳未満の人は契約できません:家族に買ってもらいましょう
クレジットカードが必要で、20歳以上の人しか買えないので大学生になったばかりの人は個人で契約できないのが残念ですね。ご両親にお願いして買ってもらいましょう。

最低利用期間と解約手数料について

音声通話付きSIMカードのみ:最低利用期間は6ヶ月以内に解約すると、8,000円の解約手数料が発生しますのでご注意ください。



1分で格安SIMカードの選び方!初心者おすすめ

新しい記事 以前の記事