イオンスマホの評判と口コミまとめ

イオンスマホの評判と口コミまとめ

格安スマホで話題のイオンですが、お店で即日契約できたり、おうちでイオンショップでネット通販でも購入できたり、家の近くにAEONが無くても誰でも購入できるので評判や口コミがいい。ジャスコのスマホはありませんよ☆

イオンの格安SIMカードの月額料金比較表

それぞれの端末ごとにLTEの通信容量ごとの月額料金の格安シム比較料金表を表示しました。ソネットのPlaySIMは1日当たりの高速通信上限になりますのでトータルで見るなら30日でかけて計算してください。

それぞれの会社で携帯電話のナンバーポータビリティもauドコモソフトバンクからできますMNPってやつですね。

イオンの格安SIMカードといっても実際のサポートはSIMカード発売元のMVMO会社になります。

SIMカード会社通信容量月額料金通話料金
IIJmioみおふぉん3GB1,600円20円/30秒
5GB2,200円
10GB3,260円
BIGLOBE LTE・3G1GB1,350円
6GB2,405円
12GB2,980円
PLAY SIM So-net100M/日1,480円
150M/日1,980円
320M/日2,980円
※全て税抜き価格

この中でどれを選んだらいいか?わかりませんよね。実際にスマホ利用者の約70%が3GB以内の利用になります。ということは一番のおすすめはIIJmiふぉんになります。

詳細データはこちらから御覧ください。
格安スマホ1ヶ月のデータ通信量は約70%が3GB未満

もちろんイオンスマホじゃなくても、それぞれの格安SIM会社と直接契約することもありです。

年会費無料イオンカードで決済するとスマホも180日間保証

格安シムカードは原則クレジットカードが必要となります。イオンスマホを使うならイオンカードを利用するのが一番いいんです。

イオンカードで5000円以上の商品をクレジット決済すると、なんと事故や過失で商品を故障や壊しても、半年間の保証対象になります。特に水没させやすいスマホはこの保証があれば安心して利用できます。

iPhoneを水没させてもこれで安心ですね。

さらに、携帯電話の支払いでポイントもたまる

イオンのスマートフォンを使いたいと思ってこのページを見ている人は普段からイオン系のスーパーを利用していますよね。マイバスケットとかマックスバリューなどでワオンでポイントをためていると思います。
そこで、イオンカードを使うとなんとお買物代金が5%割引になります。これで消費税がね上がっても安心ですね。

イオンのスマホを持つ前にクレジットカードを作っといたほうがいいですよ。年会費無料ですし。届くまで時間が掛かるから、検討している人はとりあえず作っちゃったほうがいいですね。

通信費と普段のスーパーの買物を安くしたい人であれば

つくるだけでだいたい5000円分ぐらいのポイントがもらえるキャンペーンをやっているのではやめに作ってください。キャンペーンがないときに申し込むのはもったいない。

イオンの格安スマホの料金比較

気になるイオンの格安スマホですが、どれぐらい通信費がかかるのか、スマートフォンの自体の料金はいくらなのかをご紹介します。イオンでは格安スマホ単体及び格安SIMカード単体では売っていません。格安スマートフォンと格安シムカードとセットの販売になります。

イオンの毎月の通信料金購入するスマホによって変わる

毎月の料金プランは他の格安SIMカードとほとんどかわりません。でも、購入するイオンスマホLTE端末によってプランが変わるのでちょっとややこしいので注意が必要です。

イオンのLTEスマホはソニーのエクスペリアやVAIO(バイオフォン)や富士通のARROWS(アローズ)、キョーセラのなどなど人気の端末などが揃っていますので端末はどれを選んでも満足できます。

まずは端末代から比較してみましょう。

イオンスマホ本体価格比較表

イオンのスマホの主要4機種の一括払い価格と24分割払いの金額及びセットになったSIMカードカード会社をご紹介します。

スマホを選ぶときはとにかく使いやすさで選ばないと後々後悔するので、お近くのイオンで実際の端末を触ってみることをおすすめします。仕事で全てのモバイルを触っていた担当者としてはエクスペリアかアローズがおすすめですね。

本体価格24分割SIMカード会社
ARROWS M0136,720円1,652円BIGLOBE LTE・3G
KYOCERA S30129,800円1,241円BIGLOBE LTE・3G
Xperia J1 Compact54,800円2,283円So-net
※別途SIMカード購入代で3000円かかります。全て税抜き価格

イオンのスマホのメリット・デメリットの評判は?

実際にイオンのスマホってどうなの?スーパーが売るスマホってどうなの?って心配があると思います。そこでまずは、イオンのスマホのメリットとデメリットの評判を比較てみましょう。

イオンの格安スマホのメリット

  • ドコモの回線を利用しているので他の格安SIMカードを取り扱う会社と同じ条件
  • MNP対応なので今使っている既存の電話番号も引き継げる
  • SMS対応なのでLINEも登録できる
  • アンドロイドのスマホなのでgoogleアプリが使える
  • おサイフケータイ対応や防水端末もある
  • twitterやfacebookなどのSNSも普通に使えます
こうやってみてみると、通常の格安シムカードの会社と同じ条件なので特にドコモやauソフトバンクなどの大手通信キャリアから切り替える人はどこを選んでも同じメリットが得られます。

イオンの格安スマホデメリット

  • スマホと格安SIMカードのセット販売しか無い
  • LTE無制限プランがない
  • 購入するスマホによって格安SIMカードの会社が変わる
スマホとシムのセット販売しか無いので、すでに持っているシムフリーの端末で使うという事はできません。

スマホは古くなるとバッテリーも持たないのでこのタイミングで買い換えるのが一番いいですね。セットで買ったほうがトラブルがあった時に相談しやすいですし。

でも、その前にイオンクレジットカードを作って、落として画面が割れやすいし壊れやすいスマホの保証をつけるためにイオンカードを申し込んでおきましょう。壊して数万円払って買い直すか、キャンペーンでポイントを5000円分もらって年会費無料のカードと保証をつけるかはアナタ次第です。

もし別々に買いたい人は、おすすめはイオンの格安SIMカードとよばれるMVMOの会社と直接契約してしまって好きなスマホを選ぶのがいいですね。
IIJmioみおふぉん以外で自分にあった格安スマホ会社を探すなら
1分で格安SIMカードの選び方!初心者おすすめ

新しい記事 以前の記事